研究レポート

マクロファージからのNO誘導を指標とする免疫活性化力の評価

免疫に作用するといわれる素材を大別すると、(1)免疫系をサポートする物質と(2)免疫系を直接強化する物質に大別できます。抗酸化物質や整腸物質、栄養素というのは、サポート物質に入ります。一方免疫系を直接強化する物質としては、初乳関連物質トランスファーファクター、糖脂質(LPS)、βグルカン、ペプチドグリカンが知られています。(2)のうち、初乳関連物質は、主として母親由来の抗体成分が中心ではないかと思われます。(2)のそのほかの物質は、いずれも自然免疫の活性化物質です。

さて、自然免疫の活性化物質は、マクロファージの活性化作用を持ちます。そこで、免疫を強化すると言われる物質で作用機序が明確でないルミンAおよびプロポリスのマクロファージ活性化力を、NO誘導を指標とし、糖脂質(LPS)素材(パントエア菌糖脂質(LPS);IP-PA1含有)と比較しつつ調べました。ルミンAは感光色素の1種で、第3類医薬品となっておりマクロファージを活性化する効果があることがインターネットで公開されています(http://manmaru-sinbun.com/2008/02/no173.php)。我々が調べた結果では、ルミンA錠剤200μg/ml濃度(クリプトシアニン0.A.コンプレックス濃度;0.3μg/ml)で、糖脂質(LPS)素材の0.1μg/ml(IP-PA1濃度;1ng/ml)と同等のマクロファージ活性化機能がある事が示されました。一方、抗菌活性のほか免疫を活性化すると言われているプロポリスについては、1000μg/mlで、糖脂質(LPS)素材の0.1μg/ml(IP-PA1濃度;1ng/ml)と同等のマクロファージ活性化力があることが示されました。

これらの結果から、ルミンAやプロポリスは、免疫系を直接強化するというよりも、サポートする物質に入るか、あるいはマクロファージのプライミング作用があるのではないかと考えられます。

図1 糖脂質(LPS)素材、ルミンA、プロポリスの
  マクロファージ活性化力の比較

図1

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ