研究レポート

糖脂質(LPS)のメタボリックシンドローム予防効果

糖脂質(LPS)は、環境中に存在する普遍的免疫賦活物質であり、呼吸や食事によって取り込まれる糖脂質(LPS)は、生体の自然免疫能力を活性化しています。自然免疫の活性化は、感染防御、代謝調節、新陳代謝、免疫系の調節に重要な働きをしています。

ここでは、糖脂質(LPS)(パントエア菌由来;IP-PA1)による、高脂血症と糖尿病の予防改善を示す動物実験データを紹介します。

図1は高脂血症を自然発症するWHHLラビットを使った高脂血症に対する効果を調べたものです。横軸は飼育日数、縦軸は血中コレステロール値を示します。2羽のウサギを使っており、いずれもIP-PA1接種期間において、IP-PA1の経口摂取とコレステロール値の低下に相関が見られました。
Biotherapy. 5(4): 617-621 (1991).

図1 高脂血症に対する効果

図1

 

図2は皮内投与による糖尿病発症抑制の効果を調べたものです。I型糖尿病を発症するNODマウスにIP-PA1を1週間に一度10μgずつ皮内投与することで、糖尿病発症の時期が遅れていることがわかります。
Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 40(4): 1004-1006 (1992).

図2 糖尿病の発症抑制

図2

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ