研究レポート

糖脂質(LPS)素材配合食品を使った糖尿病及び高脂血症に対するヒト効果実証試験

現代社会では、若年層のアレルギー、中高年のメタボリックシンドローム、特に高齢化社会でより顕著となる癌や感染症、アルツハイマーなどの罹患率が高くなっています。疾患には、それぞれ直接的・間接的、あるいは習慣的・遺伝的要因がありますが、共通して言えることは、ストレスや加齢によって免疫力が落ちることにより、発症や進行が加速されることです。従って、免疫力を高める素材は、環境が変化し、食生活が欧米化し、運動量が低下している現代社会において、「健康で長生き」を支えるために貢献できる素材と言えます。

当社では、糖脂質(LPS)素材(パントエア菌糖脂質(LPS);IP-PA1含有)を配合した食品や化粧品を試作し、ヒトでの効果実証試験を行なっています。ここでは、糖尿病予防をターゲットとしたお茶を用いた効果実証試験の結果を示します。

糖尿病に対する予防としては、糖分を取り過ぎないことはもちろんですが、糖は、単糖にまで分解されないと腸から吸収されないため、食べた糖分の分解と吸収を抑制すること、それから体内での糖の代謝を促進することが考えられます。実際にそういう薬や食品が製造販売されていますが、これらの素材に免疫活性化力のある糖脂質(LPS)素材を組み合わせた場合の血液マーカーの推移について調べました。

血糖値、LDLに関するダブルブラインド試験

試験品 プラセボ サラシア茶
試験品 サラシア茶+LPS(200μg/包(1g)で配合)
被験者 対象 空腹時血糖値が高めのヒト(血糖値:100-125mg/dl):13人
脂質代謝マーカーが高めのヒト(TG≧150mg/dl or LDL≧120mg/dl or HDL≦40mg/dl):28人
年齢 不問
人数 全41人
試験方法 種類 無作為割付、ダブルブラインド
摂取 1日2回摂取
期間 8週間
評価項目 体脂肪、BMI、血糖値、HbA1c、TG、HDL、LDL
調査機関 NPO法人環瀬戸内自然免疫ネットワーク
一般財団法人三宅医学研究所附属セントラルパーククリニック

 

その結果、まず空腹時血糖については、試験品群、対照品群とも統計的有意差をもって低下が見られます。これは、サラシア自体が、糖の吸収阻害活性を持つためと思われます。一方、HbA1cとLDLについては、試験品群でのみ統計的有意な低下が見られました(図1)。このHbA1cとLDLの低下について、さらに解析すると、もともと脂質代謝マーカーが高かったヒトでこの効果がでていることがわかりました。従って、この結果は、パントエア糖脂質(LPS)は、血中脂質が高めのヒトの、脂質および糖代謝を改善する作用があることを示しています。

図1 パントエアLPSは、血中脂質が高めの人の、脂質および糖代謝を改善する作用がある

図1 パントエアLPSは、血中脂質が高めの人の、脂質および糖代謝を改善する作用がある

この改善のメカニズムですが、血液中には、糖化物(例えば、ヘモグロビンが糖化したものがHbA1cです)や、酸化したLDLコレステロールなどが流れています。通常、こうした糖化や酸化して機能が不全になったものは、体内の掃除屋でもあるマクロファージが食べて処理しています。LPSは腸管免疫を刺激することによって、自然免疫を高め、その結果マクロファージの機能も高まることで、糖化物、酸化物の処理能力が高まると予想されます。

図2 血糖値、LDL改善メカニズム

図2 血糖値、LDL改善メカニズム

よくマクロファージがコレステロールを食べて動けなくなる事で動脈硬化が起こるように言われますが、通常は、マクロファージが食べたコレステロールはHDLに渡されて排出されるシステムになっています。その処理能力を超えるコレステロールがある場合に、必然的に動脈硬化が起こるということであり、マクロファージが活発に機能することは、メタボリックシンドロームの予防にはとても重要と言えます。

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ