研究レポート

糖脂質(LPS)による創傷治癒

糖脂質(LPS)はマクロファージを活性化する作用を持ちます。マクロファージは体のあらゆる組織に分布し、新陳代謝、創傷治癒、代謝調節、神経修復など、多様な作用に係っているがために、糖脂質(LPS)の効果もまた多岐に渡ります。

ここでは、糖脂質(LPS)を外用でヒト火傷に使った場合の症例について報告します。

図1は、火傷への適用結果を示します。中国のナンネイ大学医学部で行われた臨床試験です。糖脂質(LPS)(パントエア菌由来;IP-PA1)は、オリーブオイル、ホホバオイル、スクアラン、グリセリン等からなる保湿クリーム基材に1μg/gで配合して使用しています。両手を同程度に火傷した人で、左手にIP-PA1を含有するクリーム、右手に含有しないクリームをつけて経過を調べています。IP-PA1を含有するクリームを塗布した手のほうが、より早く治癒することが示唆されました。

図1 火傷への適用結果

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ