研究レポート

糖脂質(LPS)による水産養殖での感染防御効果(エビ・ブリ・アユ・コイ)

自然免疫は、獲得免疫(抗体の作用が中心となる)の発達していない、魚やエビにおいても、感染防御を担っている生体防御システムです。従って、自然免疫能を活性化する糖脂質(LPS)は、哺乳類のみならず、水産・畜産養殖動物の感染防御にも利用できます。

ここでは、糖脂質(LPS)(パントエア菌由来;IP-PA1)を配合した飼料を給餌することによる、水産養殖動物の感染防御への効果について検討しました。

エビのホワイトスポット病に対する効果。エビにIP-PA1含有飼料を8日間給餌した後、ホワイトスポット病ウイルスを感染させ、その後の生存率を調べました。通常の餌で全滅するところ、IP-PA1含有飼料を給餌した群では高い生存率を示しました。
Fish and Shellfish Immunology. 10: 555-558 (2000).

図1 エビのホワイトスポット病に対する効果

図1

 

ブリ野外飼育におけるIP-PA1給餌の効果。一群約5000尾のブリを使い、IP-PA1を20μg/Kg/日で投与しました。A群は連続投与、B群は間歇投与したものです。いずれの場合も、IP-PA1投与群は対照に比べ、死亡数が有意に減少しました。

図2 ブリの野外試験

図2

 

アユ冷水病に対するIP-PA1投与の効果。IP-PA1含有飼料を7日間給餌した後、冷水病菌を感染させました。感染後は、1日おきにIP-PA1を含む水に浸漬操作を行いました。4μg/kg/日のIP-PA1投与と4μg/LのIP-PA1水への浸漬が生存率を上昇させました。 地域研究開発促進拠点支援(RSP)事業(ネットワーク構築型)可能性試験成果報告 215-226 (2003).

図3 アユ冷水病に対する効果

図3

 

コイヘルペスに対するIP-PA1投与の効果。IP-PA1を7日間投与した後、コイヘルペスを感染させ、その後10日間の生存率を調べました。対照群は全滅しましたが、IP-PA1投与群は、有意に高い生存率を示しました。

図4 コイヘルペスに対する効果

図4

 

平成17年度 地域新生コンソーシアム研究開発事業「バイオ技術による安全・安心な感染防除飼料製造技術の開発」成果報告書(2006)

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ