研究レポート

Pantoea agglomerans(パントエア・アグロメランス)生菌の経口投与での安全性試験

マウスを用いて、Pantoea agglomerans(パントエア・アグロメランス)生菌 (ソマシーの製造に用いている菌株)の単回の経口投与による安全性試験を行いました。今回の試験では、マウス1匹当たり2.5×107個(1×109個/kgに相当)、1×1010個(4×1011個/kgに相当)を投与した際のマウスの生死、及び体重を主な指標としました。

試験方法

マウス: BALB/c、♂、8週令
試験群: @生理食塩水投与(コントロール)
A生菌2.5×107個 / 匹投与
B生菌1×1010個 / 匹投与
以上、全3群、5匹 群、で行ないました。

 

結果

生菌を経口投与したマウスで死亡は認められず、観察期間中、異常も認められず、剖検時の所見においても異常はありませんでした。

体重の群間差も認められませんでした(下図)。なお、同時に予備的に試験した生菌の腹腔内投与群においても、マウスの死亡は認められませんでした。

 

この記事は、当社の研究成果に関する学術的な情報を提供するものです。特定の製品の効能・効果を宣伝、広告するものではありません。解説者の許可なく、商業目的として転載することや、内容に変更を加えたり、複製を行うことを禁じます。

 

▲ページのトップへ