macrophi 自然免疫応用技研株式会社

HOME > 学術情報 / 研究レポート > 免疫についてもっと知ろう

研究レポート免疫についてもっと知ろう

■免疫って何?

免疫は、体内に異常がないかどうかを監視して、異常を発見した場合には、もとの正常な状態に戻すという役割を持っています。例えば外から入ってきた病原菌をやっつけたり、体内にたまった老廃物やがん細胞を掃除したり、傷ついた箇所を治したりします。

■自然免疫と獲得免疫で身体を守る

免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類の免疫システムで身体を守っています。「自然免疫」は、原始的な防御システムで、マクロファージや好中球といった自然免疫担当細胞が、病原菌やがん細胞を食べて消化して排除します。これを貪食(どんしょく)といいます。一方「獲得免疫」は、進化した動物で見られる防御システムで、T細胞、B細胞といった獲得免疫担当細胞が、侵入してきた細菌やウイルスなどを記憶し、再び同じ病原体に感染したときには、すばやくその病原体にぴったり当てはまる抗体を作って退治します。インフルエンザやBCGなどのワクチンはこの仕組みを利用しています。

ところで、抗体をつくるためには、まず自然免疫担当細胞が病原体の特徴を獲得免疫担当細胞に教えてあげることが必要です。つまり、効果的な免疫システムの働きのためには、まず「自然免疫」を活発にしておくことがとても重要です。

免疫の働き
免疫の働き

■「免疫系」「神経系」「内分泌系」の密接な関係

体の中は、外部環境が変化しても、常に最適な状態に保たれるようになっています。これを「生体恒常性維持」といいます。「生体恒常性維持」のために働いているのが、「神経系」、「内分泌系」、そして「免疫系」です。「免疫系」は、「神経系」、「内分泌系」と密接に関係しながら、体の状態を変化させ、健康維持や病気治療に大きな影響を与えています。

健康を維持するカラダの仕組み
健康を維持するカラダの仕組み

■ストレスは免疫力の大敵

人が「腹が立つ」「悲しい」「怖い」というような精神面でのストレスを感じると、交感神経が緊張します。交感神経の緊張は、内分泌系器官に伝達されて、コルチコイドというホルモンが分泌されます。コルチコイドホルモンは、一種のステロイドホルモンで、免疫担当細胞の働きを弱めてしまいます。このため、何か精神的ストレスがあると、連動して免疫系も弱ってしまうのです。精神的ストレスがあるなと思うときには、免疫系をサポートする食事やサプリメントをとるようにするといいでしょう。

精神的ストレスが免疫力を低下させる訳
精神的ストレスが免疫力を低下させる訳

■「免疫系」は加齢で衰える?

歳をとるに従い、風邪を引くとなかなか調子が元に戻らない、予防接種を受けても効き目が出ない、怪我をすると傷あとが残る、というような実感を持つ人が増えていきます。怪我の治りに関して言うと、傷を受けた部分に集まってくるマクロファージの数が、若いときでは傷を受けてから7日目がピークであるところ、高齢者層では84日という結果が出ているそうです。やはり、加齢によって、耳が遠くなったり、物が見にくくなったりするのと同様に免疫力も衰えてくるようです。免疫力をサポートする賢い食生活、生活習慣、そして気持ちを明るく持つことが重要ですね。

▲ページの先頭へ