ニュースリリース

─2005年10月14日 徳島新聞記事─

ビジネスチャレンジメッセ2005 開幕
最新技術や製品発信

バイオや食品など
出展、過去最高の210
アスティとくしま

新しいビジネスの可能性を徳島から情報発信する「徳島ビジネスチャレンジメッセ2005」(同実行委主催)が13日、徳島市内のアスティとくしまで始まった。過去最高となる210の企業や団体、行政機関が出展。企業関係者ら県内外から大勢の人が訪れた。15日までの期間中、企業展示やセミナーなどが開かれる。

---------------

会場は食品・バイオ、防災、健康医療、情報通信など12分野ごとに分かれ、各ブースでは企業や団体の担当者が自社の最新技術や製品の特徴などを来場者に説明。ものづくりやITをテーマにビジネスチャンスを提案するセミナーもあり、講師が市場の現状分析や、求められている製品やサービスの方向性について説明していた。

また開幕式に合わせて、優れた技術やビジネスプランの事業化を支援する「徳島ニュービジネス支援賞」の受賞企業を発表。13件の応募の中から、徳島文理大学大学院の杣(そま)源一郎教授の「バイオ技術による安全・安心な食品、感染防除飼料の開発」が大賞に、新居バイオ花き研究所(阿南市)の「新品種イチゴ・パーベリーの開発」が優秀賞に選ばれた。

大賞、優秀賞以外の受賞企業は次の通り。
【部門賞】移動式バイオマス・コンパクトプラントの開発と事業化=マルミ(鳴門市)▽きのこデルタの生産・加工・消費戦略=丸浅苑(徳島市)▽建築関係法令の合否自動判定システム=藍商(美馬市)▽B-web=教育出版センター▽阿波三盆糖を原料にした手作りせっけんの製造・販売=ノイマン▽携帯電話を利用した情報配信システム=メルスタ▽e-ラーニング運営サイト=ウェブスタ(以上徳島市)

前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ