ニュースリリース

─2006年8月24日 日刊工業新聞記事─

経営革新計画

四国経産局・7件

【高松】四国経済産業局は中小企業新事業活動促進法に基づき、7件の「新連携計画」を認定した。今回は高松国税局との共同認定が1件、中国四国農政局との共同認定が2件ある。四国地域での他省庁との連名による認定は初。累計認定数は13件となる。認定コア企業とテーマは次の通り。
▽ブイテック(愛媛県四国中央市)=衛生材料向けに使用する「新吸収体」の開発・生産・販売の新事業▽スマイル(高松市)=日本初「光触媒のぼり」の製作・販売事業▽パル技研(高松市)=低在波レーダーを応用したレベル計測器の開発および市場開拓▽兼松エンジニアリング(高知市)=廃棄煮汁濃縮処理装置および同装置を活用したペットフードの開発・製造販売▽菊水酒造(高知市)=国産初のはちみつ醗酵酒「ミード」の開発・製造・販売▽相愛(高知市)=インテリジェント歩行ロボットの製造・販売▽貞光食糧工業(徳島県つるぎ町)=バイオ技術による安全・安心な感染防除飼料の製造・販売事業

前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ