ニュースリリース

─2007年4月12日 四国新聞記事─

機能性食品を市場化

国の「新連携」県内4件目の認定

国の新連携事業で四国経財産業局は自然免疫応用技研(高松市)をコア企業とする新連携計画を認定した。小麦から免疫細胞を活性化させる物質を小麦発酵抽出物として取り出し、免疫増強や自然治癒力の強化を特徴とする機能性食品の市場化を目指す。

新連携事業は、異分野の中小企業がそれぞれの強みを持ち寄って、連携体を構成し、新しい商品やサービスを生み出すのが目的。国などの支援を受けられ、県内の認定は4件目となる。

同社は徳島文理大の大学発ベンチャーで、連携グループは知財、原体の製造、実証、製造、販売を行う県内外の9企業・団体で構成。バイオ技術を使って小麦発酵抽出物を取り出し、機能性食品として製品化するほか、機能性ペットフード市場の創出も図る。

前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ