ニュースリリース

─2008年11月05日 日経産業新聞記事─

試作品開発を助成

財団法人中小企業ベンチャー振興基金(東京・渋谷、荒井寿光理事長)は、試作品に対する研究開発助成金の交付先8件を発表した。助成金は一社に付き500万円で、総額で4千万円。助成先の概要は以下の通り。

▽SAT(茨城県土浦市)、インクジェットヘッドリフレッシュ装置 ▽青電舎(神奈川県相模原市)、超薄型回転式静電エンコーダの開発 ▽メディカルイオンテクノロジー(東京・練馬)、脳動脈りゅうおよび狭さく性病変治療用カバードステントの開発 ▽アイ・エヌ・アイ(名古屋市)、抗アクアポリン4自己抗体測定用ELISAの開発 ▽花市電子顕微鏡研究所(愛知県岡崎市)、ポータブルタイプ走査型電子顕微鏡 ▽ジェノミックス(大阪市)、骨盤由来間葉系幹細胞の生体内局所動員試薬・キットの試作品の開発 ▽自然免疫応用技研(香川県高松市)、新規有用糖脂質素材を配合したスキンケア製品の開発 ▽ポラリスRx(神戸市)、末梢(まっしょう)神経再生組織工学製品の実用化。

前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ