ニュースリリース

─2010年3月27日 四国新聞─

自然免疫応用技研が最高賞

09年四国産業技術大賞

産業技術の発展に貢献した四国の企業や団体をたたえる2009年度の「四国産業技術大賞」の表彰式が26日、高松市のホテルであり、県関係では最高賞を受賞した自然免疫応用技研(高松市)を含む5社が表彰を受けた。

自然免疫応用技研は口や皮膚から摂取し免疫力や回復力を高める機能性素材「糖脂質」を商品化。この技術が機能性食品やスキンケア製品、動物用飼料など幅広い分野への利用が期待できるとして最高賞の産業振興貢献賞に輝いた。

このほか、香川大工学部のMEMS(微小電気機械システム)事業に着目し、ナノサイズの物質をつかめるピンセットを開発したアオイ電子(高松市)が優秀技術賞の最優秀賞を受賞。既に複数の研究機関で使われており、科学技術や産業技術の発展に貢献している点が評価された。

そのほかの県関係受賞者は次の通り。
【優秀技術賞】瀬戸内金網商工(三木町)=優秀賞▽アムロン(高松市)【技術功績賞】フード・リサーチ(丸亀市)=優秀賞


前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ