ニュースリリース

─2012年2月15日 かがわ経済レポート─

ものづくり日本大賞に 四国から8件

経済産業省は、第4回「ものづくり日本大賞」の受賞者をこのほど決定した。四国地域からも経済産業大臣賞が3件18名、優秀賞5件18名2団体と、四国経済産業局長賞として11件59名1団体が選ばれた。

「ものづくり日本大賞」は、我が国の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担う中堅人材や、伝統的・文化的な「技」を支えてきた熟練人材、今後を担う若年人材など、「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀な人材に対し、内閣総理大臣賞、経済産業大臣賞等を授与する。2005年に創設され隔年で開催をされてきた。

以下県関係の受賞社名と受賞件名

【四国経済産業局長賞】
▽自然免疫応用技研(株)(高松市)「経口・経皮で自然免疫を調節する糖脂質素材の開発」〜経口・経皮で毒性がなく自然免疫力を高める新規素材(パントエア菌糖脂質)を開発

 

前のページに戻る
HOMEに戻る

▲ページのトップへ